人気ブログランキング | 話題のタグを見る

なおきのひとり言

pastors.exblog.jp
ブログトップ

死ぬことがよきことに・・・

2022年3月19日 土曜日

キリスト者はこの地上で肉体の死が訪れても、永遠の命が与えられているという希望がある。

しかし、この地上での死によって、愛する者と別れるということ、それは言い知れぬ寂しさであり

悲しみであると思う。今まで見えていた姿が、荼毘にふされ見えなくなってしまうのだから・・・

今まで、私は自分が天国に入れるとしたら、オーケストラーの指揮者になりたいとか、

野球のピッチャーになってベーブルースを三振に取りたいとかの夢があった。

けれどもこの歳になり、死が身近に近づいてくる今は天国に入れたらガードマンの仕事を

したいと考えている。それも、天国の門の守衛さんをさせていただきたい。

その理由は単純である。愛する妻がやってくる時に一番先に見つけることができるから・・・

さて、自分の死が、愛する家族や、友人、周りの人々にとって善きことになるであろうか?

使徒パウロは「死ぬことも益です。」とはっきりとピリピ人の手紙で言い切った。

すごいなって思う。

そして、その前に「私にとって生きるとはキリスト」と言い切る。

自分の願いの唯一は「私の願いは、どんな場合にも恥じることがなく、今もいつものように

大胆に語り、生きるにしても死ぬにしても、私の身によってキリストがあがめられることです。」

前の訳は「私の身をよってキリストの素晴らしさがが現されること」とあった。

自分自身を現すことばかりの人生を送ってきた私にとっては、とてつもない目標、言葉である。

しかしながら、自分の死が益となるということは、そういうことなのだと思う。

高い、高い、およびもつかない目標だか、2022年度の自分のみことばはここにしようと思う。

そんなことを思い巡らしていたら以下の言葉も目に留まった。

「最も大切な問題は、残された数年間に何ができるのか、ということではありません。

むしろ、私たちは死ぬことによって、私たちの愛する人々に、愛された人人に神の霊を送る

新しい方法となるよう、どのように準備ができているかということです。」

ヘンリ・ナウエン「最大の贈り物(死と介護についての黙想)」聖公会出版 P.6
死ぬことがよきことに・・・_e0178251_22062301.jpg
死ぬことがよきことに・・・_e0178251_22055284.jpg


by naoki4940 | 2022-03-19 22:00 | なおさんのひとりごと | Comments(0)