牧会塾ブログ

pastors.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年4月からのクラス

2010年2月6日(土)

牧会塾の2010年クラスの内容と日程をお知らせします。お気軽にお問合せください。

                              会場のOCCはお茶の水クリスチャンセンターです。
・坂野慧吉クラス(定員25名) 前期・後期
対象 教職者とその配偶者  OCC(火曜日) 10:00-16:00
牧会塾の骨組・基盤のクラスです。2009年度前期・後期共々受講生は多くのチャレンジを受けました。
前期 「牧会学の基本」  後期 「牧会の実践における課題」
「神学」と「経験」を統合することこそが、真の牧会への道です。聖書とキリスト教会の歴史の中で、牧会がどのようにとらえられて来たかを学び、オーツの「現代牧師論」をテキストとして現代の牧会に生かす道を学びます。
前・後期続けて受講されるのがお勧めのコースです。
前期(5回) 4/27、5/11、5/18、6/1、6/22
後期(5回) 10/5、10/12、10/26、11/9、11/30 いずれも火曜日。


・太田和功一クラス(定員25名) 前期・後期 
  対象 教職者とその配偶者 OCC(金曜日)  10:00-16:00 10回
霊性と牧会者の生活を学ぶクラスです。 このクラスの中では、何か不思議な一体感が生まれました。
使徒パウロは、牧会者テモテに対して、“敬虔のために自分を鍛錬しなさい。” また、“自分自身にも、教えることにもよく気をつけなさい。あくまでそれを続けなさい。”と勧めています。この勧めを真剣に受けとめて、自分自身のあり方、生き方、そして、自分の主との関係、人との関係に注意を払うことの修練を実践的に学びたいと思います。
取り上げる内容
みことばの黙想、人生・生活の振り返り、奉仕の姿勢や動機、セルフ・ケアー、友情、自分の長所・短所、生活の中の霊性、試練・挫折と成熟など
前・後期続けて受講されるのがお勧めのコースです。
前期(5回) 4/9、4/30、5/14、7/2、7/23
後期(5回) 9/17、10/8、10/29、11/26、1/14 いずれも金曜日。


・堀 肇クラス(定員 30名)  前期・後期   
対象 教職、信徒 OCC(火曜日) 14:30-17:00 20回
自分自身の心を学び、人の心を知るクラスですが、そこから現代の日本の教会の問題点も見えました。
前期   臨床牧会カウンセリング
「心の悩み」に対するケアについて、現代の臨床心理学やカウンセリングの知見を援用しつつ(その限界を見極め)、心と魂への配慮の理論と技法について学ぶ。今年度の特徴は授業の後半を事例研究とすることによって、より受講生参加型の実践的なものとしたい。
後期   心の旅路へのケア
幼児期から老年期までの人の一生における心理的・霊的課題は何かを理解し、それをどう乗り越えていくかを学ぶ。今年度は受講生のライフ・サイクル(人生周期)における「物語」を出していただくことによって、その個別的な課題を通して普遍的な課題を学ぶ。
 前・後期続けて受講されるのがお勧めですが、前・後期別々取られても問題のないコースです。
前期(10回) 4/20、4/27、5/11、5/18、5/25、6/1、6/15、6/22、7/6、7/13 いずれも火曜日。
後期(10回) 9/14、9/21、9/28、10/19、10/26、11/9、11/16、11/30、1/18、1/25 いずれも火曜日


・ 工藤信夫クラス(定員25名)  前期・後期   
対象 教職、信徒 OCC(火曜日) 10:00-16:00 10回
  今年は毎月1回での新規クラスです。 テーマ 「これからのキリスト教」
第二、第三世代のキリスト者として、今後の日本人の信仰・宣教のありかたを以下のテキストを用いて講義し、また参加者と共にディスカッションします。               
テキスト
「トウルニエを読む」(あめんどう)、H・ナウエンの著作、「福音はとどいていますか」、「信仰者の自己吟味」、「援助者とカウンセリング」などです。
前・後期続けて受講されるのがお勧めですが、前・後期別々取られても問題のないコースです。
前期(5回) 4/20、5/25、6/15、7/20、8/17
後期(5回) 9/21、10/19、11/16、1/18、2/15 いずれも火曜日。

・藤掛 明クラス(定員 30名) 前期       
対象 教職、信徒 OCC(木曜日) 10:00-16:00 5回
  テーマ「自分を知り、人を知る体験講座」
私たちは、今一度、自分を振り返り、自分の性格やクセを知ることが必要ではないでしょうか。自分を深く知り、発見していくことで、心理的にも信仰的にも新たに成長していくことが期待できます。また、自分を深く知ることは、他人を深く知ることにつながっていきます。本講座では、各種の正規の心理テストを体験していただき、その解釈を通じて、自分を知り、人を知る体験を提供していきたいと思います。また後半では、信仰者としてのストレス問題を取り上げ、良好なメンタルヘルスを保つための点検と学びをしたいと考えています。
前期(5回) 4/15、5/20、5/27、6/10、7/15

・ 生島陸伸/綾子クラス(定員20名) 前期    対象 教職者とその配偶者
JECA宣教教会(金曜日)  10回 11:00-13:00 個人面談(夫婦可) 13:30-15:30 クラス
  テーマ エペソ人への手紙から生島ご夫妻の牧会50年の苦難と栄光を学ぶ
講義と分かち合いが2時間、個人面談が2時間のクラスです。
主が私に最初、約束してくださったのが「わたしの飲もうとする杯を飲み、わたしの受けようとするバプテスマを受けることができますか」「出来ます」「あなたはわたしの杯を飲み、わたしの受けるバプテスマを受けます。」(マルコ10:36~39)の御言葉でした。今振り返ると、欠け多き者が、イエス様の飲まれた杯を飲める筈もありませんし、バプテスマを受けることもできる筈がありません。 イエス様が逮捕された折に、ヤコブとヨハネが逃げ出したように、私も逃げ出すことが多かったのに、主は約束を守られて、私たち夫婦を約束のように歩みとおす牧会に導かれました。その中で、主の奇跡のみ業と栄光を仰がせてくださいました。私は主との約束に不誠実でしたが、主は真実をもって導いてくださいました。その恵みを受講者と聖書の学びをしながら共感したいと願っています。
前期(10回) 4/2、4/16、5/7、5/21、5/28、6/4、6/11、6/18、6/25、7/9 いずれも金曜日。

その他 「教会と・・・」シリーズ(定員30名) 後期   対象 教職、信徒 OCC(金曜日) 10:00-16:00 5回を予定しています。「教会と牧会」 上迫康二氏(内諾)、「教会と祈り」  池田 博氏(内諾)、「教会と世界宣教」 入月英明氏コーディネート(内諾)、「教会と神学(校)」山口陽一氏(内諾)、「教会と説教」加藤常昭氏(交渉)
後期(5回) 9/24、10/15、10/22、11/5、11/19 いずれも金曜日

*受講費はいづれのクラスも半期28,000円。
  (夫婦で50,000円、他のクラス同時受講、前後期も50,000円)
 奨学金制度もありますので、事務局にお問合せください。申込は先着順で、定員になり次第締切ります。

お問合せ/お申込 牧会塾事務局 ディレクター 森 直樹 
  HP www.pastors.jp   e-mail info@pastors.jp
  〒243-0036 神奈川県厚木市長谷1287-8  Tel&Fax 046-248-6224
   携帯 090-1701-3088(森)

e0178251_2313356.jpg

[PR]
by naoki4940 | 2010-02-06 23:13