牧会塾ブログ

pastors.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 16 )

藤掛 明クラス2011年度後期

前期の牧会塾のあるクラスでの牧師さんの感想で「牧会塾ではじめて自分を知ることができました」と感想を

お送りくださった方がおられました。それはまたいかに牧師が、聖書は知っている、神学は知っている、教会

規定は知っているが、自分は知らない人が牧師として多く奉仕しているかであるとも言えるでしょう。

今、日本の教会は最大の危機にありる言ってもよいと思います。それは自分を知らない牧師が教会を牧会し

ているからです。神学校でギリシャ語、ヘブル語を学びました。それは尊いことですし、原典で聖書が読める

ことは素晴らしいことです。しかし、それが若い牧師たちを傲慢にさせ、他の同労者を否定し、信徒に対して権

威的にふるまうこともあります。それと同時に自分自身の牧会に行き詰ってしまい。教会が教会として機能し

しなくなるばかりか、自らもその職を辞すること、自らのいのちを捨て去ってしまうこともあるのです。

そんな中で、牧会塾の以下のクラスで「自分を知る」というテーマに後期藤掛氏に取り組んでいただきました。

藤掛 明クラス  牧会塾(Christian Servants Platform )

2011年度 後期(定員 25名 先着順)
講師 藤掛 明氏(聖学院大学総合研究所准教授・臨床心理士)

受講対象者  このクラスは信徒、教職者に関わらずどなたでも受講できます。
 
後期  自分を知る講座
 私たちは、今一度、自分を振り返り、自分の性格やクセを知ることが必要ではないでしょうか。自分を深く知り、発見しいいくことで、心理的にも信仰的にも新たに成長してゆくことができます、
 心理テストやワーク、討議を通してクラスを進めていきます。エコグラムテスト、自分の人生の物語、コラージュ、兄弟出生順位などを扱う予定です。

持ち物 旧・新約聖書、ノート、筆記用具、昼食(コンビニ・バン屋、食堂などは会場直ぐ近くにあります)

日程 (昼休憩12:30-13:30)
第一回目  コラージュ作りで自分の世界を感じる       9月22日(木)   10:00-16:00
第二回目  性格テストで自分の行動スタイルを考える    10月13日(木)   10:00-16:00
第三回目  自分の人生を振り返る                10月20日(木)   10:00-16:00
第四回目  自分のきょうだい関係を振り返る          11月17日(木)   10:00-16:00
第五回目  自分のストレスを考える。これからの私を考える 12月 1日(木)   10:00-16:00

*会場 お茶の水クリスチャンセンター(OCCビル) 6階 インマヌエル綜合伝道団会議室
(JR御茶ノ水駅徒歩3分) 
   前期と会場が変更になっていますので、お間違いのないようにお願いします。

* 授業料  28,000円(前期に他のクラスを受講された方、前/後期で50,000円。夫婦で申し込まれると二人で50,000円、一人でも他の科目を同時に申し込まれると二科目で50,000円となります。) また、教職者とその配偶者については奨学金制度もありますので詳細は事務局にお尋ねください。
*申込期限 2011年9月20日まで
*申込方法 郵便、Faxまたはe-mailで下記の事務所までお申込ください。尚、お問い合わせは電話でも
構いません。

・申込先 牧会塾事務局  ディレクター 森 直樹 HP www.pastors.jp
e0178251_2240499.jpg
e-mail info@pastors.jp
〒243-0036 神奈川県厚木市長谷1287-8  Tel&Fax 046-248-6224
携帯 090-1701-3088(森)
[PR]
by naoki4940 | 2011-09-18 22:40

堀 肇クラス2011年度後期

9月20日(火)から堀 肇2011年後期クラスが四谷ではじまります。

・堀 肇クラス第一回

・日時 2011年9月20日(火) 14:30-17:00

・場所 四谷 ニコラバレ 1階 104号室

堀 肇クラス  牧会塾(Christian Servants Platform )
2011年度 後期(定員20名)
講師 堀 肇
(日本伝道福音教団鶴瀬めぐみキリスト教会牧師、ルーテル学院大学臨床心理学科講師)

受講対象者 信徒、教職者
自分自身の心を学び、人の心を知るクラスですが、
そこから現代の日本の教会の問題点も見えてくるでしょう。

後期   キリスト教人間学
 キリスト教信仰において最も重要なことは、神を愛することと人を愛することですが、その対象を知らなくてはなりません。この授業では後者の人間について神学的、哲学的、心理学的に学びます。 対人援助に関心のある方にぜひお勧めしたい学びです。授業の形式は講義とワークショップです。
持ち物 旧・新約聖書、ノート、筆記用具
 
① 人間とは何か                    9月20日(火)   14:30-17:00
② キリスト教の人間観                9月27日(火)   14:30-17:00 
③ キリスト教の人格論(1)      10月11日(火)   14:30-17:00 
④ キリスト教の人格論(2) 10月25日(火)   14:30-17:00
⑤ 哲学の人間観                   11月 1日(火)   14:30-17:00
⑥ 心理学・カウンセリングの人間観        11月15日(火)   14:30-17:00
⑦ キリスト教人間観と愛の種類          11月29日(火)   14:30-17:00
⑧ キリスト教人間観と愛の諸相           1月24日(火)   14:30-17:00
⑨ キリスト教人間観と愛の実践           1月31日(火)   14:30-17:00
⑩ 愛と慰めに満ちた共同体             2月 7日(火)   14:30-17:00 



*会場  幼きイエス会 ニコラ・バレ 1階 104号室 (JR四谷駅麹町口 徒歩1分)
* 授業料 半期28,000円(後期も共に申し込まれると、前/後期で50,000円。夫婦で申し込まれると二人で50,000円、一人でも他の科目を同時に申し込まれると一科目が25,000円になります。)
*申込期限2011年4月18日まで(申込は先着順です。定員になり次第締切ります)
*申込方法 郵便、Fax(Faxを送信される前に、一度事務局まで電話でご連絡ください)。またはe-mailで下記の事務所までお申込ください。尚、お問い合わせは電話でも構いません。

・申込先/問合せ 牧会塾事務局 ディレクター森 直樹 HP www.pastors.jp e-mail info@pastors.jp
〒243-0036 神奈川県厚木市長谷1287-8  Tel&Fax 046-248-6224 携帯 090-1701-3088(森)
会場   幼きイエス会(カトリック修道会) ニコラバレ


千代田区6番町14‐4
JR四谷駅麹町口徒歩1分
東京メトロ丸の内線・南北線

JR四谷駅の必ず麹町口を出てください。麹町出口をでますと、すぐに左手に茶色の9階建物が見えます。左手の横断歩道を渡ると会場です。他の出口を出られると迷うおがあります。上智大学の聖イグナチオ教会とお間違いのないようにお出かけください。                          
堀クラスは一階の104
e0178251_21453715.jpg
号室で大体行います。
坂野クラスは1階の105号室で大体は行います。
[PR]
by naoki4940 | 2011-09-17 21:45

2011年度後期来週よりはじまる

2011年9月10日(土)

いよいよ2011年度後期も来週から始まります。

まず、<font size="2">来週の火曜日は「小渕春夫クラス」が開始されます。

定員の30名にまだ10名くらいの余裕があります。

ご興味がある方は以下にお問い合わせください。


小渕春夫クラス 牧会塾(Christian Servants Platform )2011年度 後期(定員 30名)

講師     小渕春夫(出版社あめんどう代表)
受講対象者 信徒、教職者
テーマ   「ナウエンが私たちに語りかけるもの」
 ヘンリ・ナウエンはどうやら、現代人の魂に届く鍵を発見した人のようです。そうでなければ、こうも世界中の読者を魅了することはないでしょう。かつて北米の教会指導者に愛読書アンケートを取ったときも、その著作は教派を超えて一番よく読まれているという結果が出ました。これは彼が、現代人の霊的必要を正確にとらえ、それに応えたことに要因があると思われます。  彼のメッセージは、先進国に住む人々に向けたものですが、世界の生活環境は、ますますその方向に向かっているように見えます。すなわち、深まる孤独、愛情への飢え、人とのつながりを求める叫び、所属感(共同体)を求める渇き、霊的満たしを求めて当て所なくさまよう魂の増大です。また、その満たしを求める過程で受ける心の傷、恐れ、落胆、暴力が、こうした深い求めの前に立ちはだかります。ナウエンは、こうした現状の中で、彼自身の苦悩や傷の開示、感情の混乱などを差し出すことで人々の深い共感を呼び覚ましました。その上で、神の尽きない愛の豊かさを説き、これからの私たちのあり方を示し、同時に、隣人へのミニストリーの新しい道を開いたように思います。  

第一回 ナウエンは現代人をどう理解したか   2011年9月13日(火) 10:00-16:00  
                                『傷ついた癒し人』『イエスの御名で』を題材にして

第二回 ナウエンによる現代人ヘのミニストリー 2011年10月 4日(火) 10:00-16:00
                                 『傷ついた癒し人』『コンパッション』を題材にして

第三回 ナウエンの「祈り(独りになる)」と「コミュニティ」とは何か
                               2011年11月 8日(火) 10:00-16:00
                          『静まりから生まれるもの』『嘆きは踊りに変わる』を題材にして

第四回 ナウエンが描く神(父)の愛とは何か 2012年1月17日(火) 10:00-16:00
                               『愛されている者の生活』『放蕩息子の帰郷』を題材にして

第五回 ナウエンの苦悩(傷)と私たちの苦悩、残された課題  2012年2月21日(火) 10:00-16:00                                   『放蕩息子の帰郷』『傷ついた預言者』を題材にして

*第五回目は2012年2月7日(火)から2月21日(火)に変更になっています。お気をつけください。

参考図書:ナウエン『傷ついた癒し人』『イエスの御名で』『コンパッション』『放蕩息子の帰郷』『心の奥の愛の声』『愛された者の生活』『静まりから生まれるもの』『嘆きは踊りに変わる』、J・フーストン『神との友情』、スキャゼロ『情緒的に健康な教会をめざして』、大塚野百合『ナウエンのスピリチュアル・メッセージ』『あなたは愛されています』、来住英俊『レクティオ・ディビナ入門』、M・フォード『傷ついた預言者』他。(必ずしもすべて購入する必要はありません)

*会場 お茶の水クリスチャンセンター(JR御茶ノ水駅徒歩3分)  http://ochanomizu.cc/
*授業料  28,000円(夫婦二人で50,000円、一人でも他のクラスを同時に申し込まれると一科目で25,000円となります。)
*申込期限 2011年9月10日まで(申込は先着順で、定員になり次第締切りますのでお早めにお申込ください)
*申込方法 郵便、Fax(送信される前に一度電話でご連絡ください)、またはe-mailで下記の事務所までお申込ください。尚、お問い合わせは電話でも構いません。

・申込先/問合せ 牧会塾事務局 ディレクター森 直樹 HP www.pastors.jp e-mail info@pastors.jp
〒243-0036 神奈川県厚木市長谷1287-8  Tel&Fax 046-248-6224
携帯 090-1701-3088(森)

e0178251_11472449.jpg

[PR]
by naoki4940 | 2011-09-10 11:47

来週の火曜日が前期最後です

2011年7月23日(土)

昨日と今日はとても過ごしやすいですね・・・みなさんお元気ですか。

牧会塾も来週火曜日で2011年度前期最後のクラスがあります。

小川巧記さんの第四回目のクラスです。

・日時  2011年7月26日(火) 10:00-16:00

・場所  お茶の水クリスチャン・センター

どうぞよろしかったら遊びに来てください。

教会の中でいかに対話を推進してゆくかを共に考えるクラスです。

この講座は、教会での「対話」と「つながり」の創造(回復)について共に学んでいきます。
今年の1月に放映されたNHKスペシャル「無縁社会」では、これまで私たちをつないでいた血縁、地縁、社縁といった個人の関係性をすべて失って、たった一人、孤独の中で死んでいく「無縁死」が年間3万2000件に及ぶということを報じ、日本社会が「無縁社会」と化してきているという衝撃的事実を現しました。この「無縁化」する社会の中で、いま最も必要とされることは「つながり」の創造または回復に他なりません。

*第四回 対話の場をつくる③「オープンスペースという対話術を学ぶ」

それではお待ちしています。

牧会塾  046-248-6224 info@pators.jp

e0178251_10583029.jpg

[PR]
by naoki4940 | 2011-07-23 10:58

公開クラスのお知らせ

2011年5月20日(金)

爽やかな初夏の風が吹いています。

さて、牧会塾では以下の通りのクラスを公開クラスとして、皆様のお出かけをお待ちしています。

・坂野恵吉クラス(教職者及びその配偶者専用クラス)

Ⅱ 牧会と説教                  2011年5月24日(火)
 A 説教とはなにか
 B 説教による牧会
 C 説教の準備

Ⅲ 牧会と聖礼典                 2011年6月7日(火)
 A 聖礼典とはなにか
 B 洗礼について
 C 主の晩餐について

Ⅳ 牧会と礼拝(通過儀礼を含む)          2011年6月21日(火)
 A 礼拝の司式者としての牧師
 B 結婚式
 C 葬式
 D その他の通過儀礼

Ⅴ 牧会と教育                   2011年6月28日(火)
 A 説教と聖書教育
 B 教理問答
 C 聖書研究

いずれも場所はJR四谷駅麹町口出口徒歩1分の幼きイエス会ニコラ・バレホール1階105号

時間は10:00-16:00の一日クラスとなります。

費用は一回6,000円になります。

・生島陸伸・生島綾子クラス(教職者及びその配偶者専用クラス)

生島氏がローマ人への手紙から現代の牧会者のあるべき姿勢を語ってくれます。

その後に、ご夫妻を囲んでの質疑応答があります。

前期の日程は

2011年5月27日(金)  13:30-16:00

2011年6月10日(金) 13:30-16:00

2011年7月 1日(金)  13:30-16:00

いずれも場所はJECA宣教教会です。

費用は一回につき3,000円です。

・小川巧記クラス(どなたでも参加できます)

テーマ  

対話の牧会を共に~「対話」による「気づき」と「つながり」を生む教会を共に学ぼう~

対話の場をつくる①「教会をより参加型・対話型にするために」 5月31日(火)10:00-16:00
対話の場をつくる②「ワールドカフェという対話術を学ぶ」 6月14日(火)10:00-16:00
対話の場をつくる③「オープンスペースという対話術を学ぶ」 7月26日(火)10:00-16:00
対話の場を創る ④「ファシリテーションの実践」  9月27日(火)10:00-16:00

いずれも場所はお茶の水クリスチャンセンター(OCCビル)です。

費用は一日ですので、一回6,000円です。

*いずれのクラスも、そのクラス日の前々日までに牧会塾までお申し込みください。

問い合わせ/お申込み

牧会塾(森) 電話/FAX 046-248-6224 携帯 090-1701-3088

e-mail info@pastors.jp

e0178251_11301375.jpg

[PR]
by naoki4940 | 2011-05-20 11:30

一球、一言、一文

2011年1月6日(木)

牧会塾の2011年度プレスクール

・日時 2011年 1月 20日(木) 13:00-15:30

・場所 JR四谷駅 ニコラ・バレホール 9F

さて、昨年の日本シリーズは近年にない面白い戦いでした。ロッテが中日を破ったわけですが、

ロッテ3勝2負で迎えた第六戦は延長15回の引き分けでした。あの試合が勝負を決めたでしょう。

また、中日2対1のりードの8回のロッテの攻撃が勝負を決めたでしょう。もっと言えば、ツーアウト

二塁での浅尾投手の、ツーストライク、ワンボールの次の打者サブローに投じた一球が勝負を

決めたでしょう。ソノ前の球は、インコースのストレートでした。サブローのバットは空を

切ります。外角のスライダーを狙っていたら、普通はあのインコースの球を、あんなふうには

空振りしません。すなわちサブローはわざと空振りしたのではなく、本気でインコースの直球を

狙って空振りしたのです。ですから、中日のベテラン捕手の谷繁は、次のボールを外角スライダー

と決めました。普通の四番打者のバッティングなら完全に泳がされるケースです。しかし、サブロー

は泳ぎながらも見事にセンター前に持ってゆきました。これで2対2の同点となり、シリーズの流れ

は完全にロッテになりました。あの一球がインコースのストレートだったら、中日がシリーズを

逆転していたでしょう。まさに一球が決めたのです。

一球が大事ということは、自分の一言がいかに大事か、そして、自分が書く一文がいかに大事かと

ということです。最近は社会も教会も、あまりにも一球の重みを忘れているような気がするのです

が・・・ 私自身も気をつけなければと思いました。

明日の朝は寒くなりそうです・・・

e0178251_031045.jpg

[PR]
by naoki4940 | 2011-01-07 00:03

Today

2011年1月1日(土)

明けましておめでとうございます。

牧会塾では年明け早々に、以下のように2011年度プレスクールを行います。

どなたでも参加できますので、皆様お気軽にお出かけください。

2011年プレスクール

・日時 2011年1月20日(木) 13:00-15:30

・場所 幼きイエス会 ニコラ・バレホール 9階(JR四谷駅麹町出口から徒歩1分)

内容は、追ってお知らせいたします。

さて、牧会塾では年頭にいつも一年の歌を決めています。

2008年 開始1年前  「全力少年」 スキマスイッチ

2009年 一年目    「どんなときも」 槇原ヒロユキ

2010年 二年目    「確かなこと」  小田和正

そして、今年は     「Today」    ニュー・クリスティー・ミンストレルズ

http://www.youtube.com/watch?v=wKB3ZYdqNzw

新しい年を迎える私たち、過去を反省しつつ、将来のことも考えなければなりません。

やがて牧会塾は、この教会はどうなるだろうか・・・いや、私たちの家族は、私たちは・・・

と考えます。

しかし、この曲は「数えきれないくらいの明日がやってきて、今、この時の歓びを忘れてしまうにち

がいない。だからこそ『昨日の栄光』や『明日への約束』ではなく、今日という『今』を生きる。今

こそが自分の歴史が作られている瞬間」と歌います。

今年も、沢山の失敗をするでしょう・・・挫折を味わうでしょう・・・身近な人を傷つけることも

あるでしょう。

悔い改めと、許しの日々だと思います。

しかし、朝読んだ本にこんなことが書いてありました。

「神の尽きない愛は、神に従う人々の不完全な愛を通して現れることが多いということだ」

まず今年最初の日、今日を大切に歩みたいと思います。

e0178251_11125176.jpg

[PR]
by naoki4940 | 2011-01-01 11:12

太田和功一クラス前期第二回目

2010年4月28日(水)

今日は一日専門学校での授業でした。生徒さんたちに雨の歌を聞いてみると、倖田來未のRainが一番でし

た。

私はこんな日にいつも聞く曲はカスケーズの「悲しき雨音」です。題名とは違って実に軽快な曲で、雨の日に

スキップしたくなるような曲で元気が出ます。それと、もう一曲はカラオケでもお箱の徳永英明の「Rainy

Blue」です。ちなみに徳永とスキマスイッチの大橋君がデュオで歌っているのがお勧めです。

『今日は僕もそっと雨』という最後の歌詞がいいですね・・・

皆さんはこんな雨の日に、どんな曲を聞き、歌いますか・・・ 昔、ある牧師が雨の日の集会ときには、必ず

聖歌570番「雨をふりそそぎ」を選曲していて、雨の日は教会に行きたくなかったことを覚えています。

雨の日はロマンチックに教会もなってほしいですね・・・

さて、明後日のクラスを紹介します。

太田和クラス前期第二回が以下のように開催されます。

・日時 2010年4月30日(金) 10:00キックオフ   16:00 (ロスタイム1分)

・場所 お茶の水クリスチャンセンター 4階 416号室(9:50にならないと鍵が開きません)


・ほんのチョットの課題がありましたね・・・ 覚えておられますか? 私も先ほど思い出しました。牧会ジャーナルの「危機を転機」にの感想です。宿題をこれからやろうか、それとも「アイリス」を観ようか迷っている私がいます。

・昼食は原則的に12:30-13:30でです。お弁当を持参されても、近所で買われて教室で

召し上がれても、外食に行かれてもまったく自由です。尚、温かい紅茶は用意しておきます(紙コップ付)。

持ち物   聖書、ノート、筆記用具、昼食

何かご不明な点は、何なりと事務局までお聞きください。

それではお気をつけてお出かけください。皆様とお会いできるのを楽しみにお待ち申し上げております。
        
牧会塾
〒243-0036  神奈川県厚木市長谷1287-8
Tel&Fax 046-248-6224
            
HP www.pastors.jp  ブログ http://pastors.exblog.jp/             
E-mail info@pastors.jp
携帯電話 090-1701-3088  携帯アドレス 0xj08246785584t@ezweb.ne.jp
                                   
e0178251_22352133.jpg

[PR]
by naoki4940 | 2010-04-28 22:35

太田和功一クラス前期第一回目

2010年4月8日(木)

明日は太田和クラス前期第一回目が行われます。

・日時 2010年4月9日(金) 10:00-16:00

・場所 お茶の水クリスチャンセンター  4階 416号室

・持ち物  聖書、ノート、筆記具、昼食

・服装   まったくの自由です。

いよいよ太田和クラスの明日は開幕です。エンゼルスの松井秀喜さんは開幕戦でホームランを打ちました。

私たちは大きいのは狙わないで、スモールベースボールでゆきたいですね。チームワークよく。

それでは明日お待ちしています。

                              ディレクター  森 直樹
e0178251_21726.jpg

[PR]
by naoki4940 | 2010-04-08 21:07

工藤信夫クラスの締切迫る

2010年4月7日(水)

昨晩のヨーロッパチャンピオンリーグの準々決勝でバルセロナのメッシは一人で4得点をあげました。

相手が堅守のアーセナルでけに凄い事だと思います。

工藤信夫クラス前期の締切が今週の土曜日の4月10日(土)です。現在12名ですので、15名まではあと3点(ハットトリック)を期待しています。

それでもクラスは本日開講が決定いたしました。

工藤信夫クラス前期募集中

e0178251_2113531.jpg


工藤信夫氏  精神科医、前平安女学院大学教授
受講対象者  信徒、教職どなたでも受講できるクラスです。
テーマ  「これからのキリスト教」
授業内容
第二、第三世代のキリスト者として、今後の日本人の信仰・宣教のあり方を以下のテキストを用いて連続講義をします。
持ち物 旧・新約聖書、ノート、筆記用具、昼食(コンビニ・バン屋、食堂などは会場直ぐ近くにあります)

2010年度前期 毎回10:00-16:00(昼休憩含む)
              テキスト
①、② 4月20日(火) 「これからのキリスト教」
③、④ 5月25日(火) 「信仰者の自己吟味」
⑤、⑥ 6月15日(火) 「福音は届いていますか」
⑦、⑧ 7月20日(火) 「愛される者の生活」
⑨、⑩ 8月17日(火) 「トルニエを読む(上)」

2010年度後期 毎回 10:00-16:00(昼休憩含む)
テキスト
①、② 9月21日(火) 「H・ナウエン」
③、④10月19日(火) 「待ち望むということ」
⑤、⑥11月16日(火) 「人生の秋を生きる」
⑦、⑧ 1月18日(火) 「人生を支え導くもの」
⑨、⑩ 2月15日(火) 「神の指動く」

クラスを行う部屋は、毎回お茶の水クリスチャンセンター4階ですが、センターの都合で変更される場合があります。毎回一階エレベーターの横に部屋場号が掲示されていますから必ずご確認ください。
*会場 お茶の水クリスチャンセンター(JR御茶ノ水駅徒歩3分)  http://ochanomizu.cc/
*テキスト
それぞれのテキストは受講生各自でその日のクラスまでに揃えておいてください。(毎回事前に読んでおかれると最善ですが、全部お読みになってなくても大丈夫です。)また、個人で購入が困難な場合は事務局にご遠慮なくご連絡ください。お手伝いさせていだたきます。
* 授業料 半期28,000円(前後期申し込まれると半期25,000円、牧会塾の他のクラスも同時に申し込まれても半期25,000円となりお得です))
* 申込期限 2010年4月19日まで(但し申込は先着順ですのでお早めにお願いします。
申込が定員20名になった時点で締切ります。)

*申込方法 所定の受講申込書にご記入の上、郵便、Fax(送信される前に一度事務局にお電話ください)、またはe-mailで下記の事務所までお申込ください。尚、お問い合わせは電話でも構いません。

・申込先/問合せ 牧会塾事務局 ディレクター森 直樹 HP www.pastors.jp
e-mail info@pastors.jp
〒243-0036 神奈川県厚木市長谷1287-8  Tel&Fax 046-248-6224
携帯 090-1701-3088(森)
[PR]
by naoki4940 | 2010-04-07 21:08