牧会塾ブログ

pastors.exblog.jp
ブログトップ

沢村栄治と父(森 義信)

e0178251_16242197.jpg
その年に最も活躍した投手だけに与えられる賞は、大リーグではサイ・ヤング賞、日本のプロ野球では沢村賞である。

沢村栄治は大正6年2月1日に三重県で生まれる。私の父は大正7年7月3日に横浜で生まれ、すぐに名古屋に移る。

接点は、共に小学校で投手であったことである。

そのころは、高校野球、大学野球も盛んであったが、少年野球も盛んであった。

昭和5年の全国選抜少年野球大会に、沢村は三重県宇治山田明倫小学校の投手として出場。二回戦で和歌山高等小学校と対戦して、何とノーヒット・ノーラン

に相手を抑えたが、味方の失策とボーンヘッドで0対1で敗戦。

私の父は愛知県高岳小学校の投手として出場。沢村とは対戦しなかったが、見事優勝を果たして全国一になった。

沢村はその年に京都商業に行き、甲子園で活躍、日米野球にも出場して、当時はまったく大リーグには歯が立たなかったが、

静岡草薙球場での一線ではルーゲーリックのホームランで0対1で負けをしたが、この試合は今も語り草になっている。

その後、読売巨人軍入団。昭和12年には30試合投げて、24完投、24勝4敗、防御率は0.81を記録している。すなわち勝った試合は全部完投しているのである。

しかし残念ながら沢村は1944年12月2日に若干27歳で戦死してしまう。

今年は沢村栄治生誕100年でこのことを思い出した。

私の父も全国優勝したのであるから、当然当時の中京商業からお声がかかったと言われている。

しかしながら昭和5年というとしは、ホーリネス教団のリバイバルがあったと言われている年であった。

申し遅れたが、父の父である祖父は、当時中田重治氏の弟子で、ホーリネスの牧師をしていたのである。

両親にも、家族にも、教会にも中京商業で野球を続けることを留められた父は、カトリックの南山中学に入学させられる。

残念ながら、南山中学には当時野球部はなく。野球をあきらめなければならない人生を強いられた。

そんな父は今から17年前に81歳で、共に暮らしていた我が家で召されていった。77歳でやっと私から洗礼を受けて・・・

毎朝私が顔を洗う洗面所の後ろに、写真賞状が飾ってある。

だから私はリバイバルは嫌いである。その人が神さまから与えられているものをこの地上で十分に生かすことができるのが

本当のリバイバルではないかと思う。教会や教団、教派がそれを殺してしまうことは、決してリバイバルではないのでは・・・

[PR]
# by naoki4940 | 2017-08-28 16:49 | なおさんのひとりごと

選球眼

e0178251_20300831.jpg
たった6名しかいないが、FB横浜ベイスターズ牧師会というのがある。

私も神奈川県民であり、横浜スタジアムの前にある横浜YMCAの作業療法科の講師をしていることもあり、

もちろん仲間に加えてもらっています。

今年は19年ぶりの優勝を目指しているわけですが、昨日までの首位広島カープ戦でご承知の通り、三試合連続サラナラ勝ちをした。

昨日も同点の9回裏、ツーアウトであったが、ランナー二塁。バッターは倉本選手。二球目に内角キリギリをストライクにとられたが、

2-2からの五球目、同じように内角ギリギリの球が来たが、それを見事に見逃して3-2になる。ほんの僅かに二球目よりも外れていた。

そして最後に打ったのはどん詰まりのセカンド前のライナー。万事休すと思いきや、相手の二塁手名手菊池の前でボールが右にはねた。

遊撃手の田中がカバーに入ってすかさず、二塁から本塁に激走する代走の高城選手をさそうとしたが、間一髪のセーフで5対4のサラナラ勝ち。

2-2なら高城選手はホームに帰ってこられなかった。ツーアウト・3-2だから帰ってこられたのである。それは、倉本選手の第五球目を見逃したことによる

勝利だ。9回裏に三本連続本塁打で決まったサラナラの第一戦、10回裏の梶谷のツーベースのサラナラで決まった第二戦、そして、第三戦はこの一球がであった。

その選球眼はやはり普段からの精進の結果であろう。本塁打は打てなくても、160キロは投げられなくても。しつかりと目を養うこと。この選球眼が

やはり毎日の主の前の静まることから、主をしっかり観ることから、自然をしっかり観るところから、教会を見極める選球眼が養われると思った。

[PR]
# by naoki4940 | 2017-08-25 20:32 | なおさんのひとりごと

牧会塾の終了

残暑の厳しい日が続きますが、皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか・・・

2009年4月から行ってきました牧会塾は2017年3月をもって一応終了いたしました。

現在は会計処理、まとめなどの残務整理が残っています。

また、2018年2月には裾野市で説教セミナーを行う予定で進めています。

もうすでに定員の20名にあとわずかとなりました。

また、四谷で牧会塾を継承してくださる若手の教職者の方々により「牧会ステーション」の働きも続けられています。

こちらも二つのクラスが定員一杯で進められていることを感謝します。

続けてお祈りいだたきましたら幸いです。                  森 直樹
e0178251_14535791.jpg

[PR]
# by naoki4940 | 2017-08-24 14:54 | 事務局から

2016年春のさくらリトリート

この春も以下のように、富士山の裾野でさくら満開の中リトリートが開かれます。

普段の生活で、イエスさまの前に静まること、黙想することを、大自然の中で実際に共に

ゆっくりと体験するリトリートです。

@さくらリトリート2016



・日時 2016年4月4日(月)-7日(木) 三泊四日(部分参加も可)

・場所 裾野 マリア修道会黙想の家

・費用 三泊九食、参加費すべて込み 29,800円

・全室個室になっています。エレベータもあります。

・プログラム予定

午前中は沈黙で過ごします。 聖堂での黙想、福音書の黙想など

午後はすべて自由時間。 夕食後は分かち合い、お交わりの時間です。

・問い合わせは牧会塾の森までお願い致します。

e-mail naokimori@mirror.ocn.ne.jp 電話 0901701-3088

e0178251_1029337.jpg

[PR]
# by naoki4940 | 2016-03-11 10:29 | 事務局から

牧師癖

明日は各教会でクリスマス礼拝が行われることであろう。

私は先週の土曜日二つ、日曜日の礼拝と奉仕させていだたいた。

帰りのクルマで家族に言われたことは「残念ながら、今日のメッセージは前半はよかったが

後半、特に最後はよくなかった。」と・・・

その理由を恐る恐る聞いてみると「前半は聖書と自分の物語が一つになっていたが、後半は

説教をしてしまっていませんでしたか?」と言うことであった。

イエスの誕生、死、復活を描いている福音書は物語だ。そして、イエスさまはその物語を語られた

私の前半はよかったが、後半、特に結論部分になると、この聴衆に正しい聖書の言葉を伝えたい。

そして、少しでも、その信仰の成長になればと勢い込み、上から目線で語ってしまっている。

家族は、いつもそのことを私に気づかせてくれる。さて、次の奉仕はどうなるか・・・
e0178251_1541032.jpg

[PR]
# by naoki4940 | 2015-12-19 15:41 | なおさんのひとりごと

今週から通常クラスはじまる

肌寒いですね。なかなかやる気が起こってこないような日々です。

そんな中、牧会塾では通常の以下のクラスがはじまります。まだ間に合いますので、よろしかったらお問合せ

ください。

*牧会学 坂野慧吉クラス

第一回目 2015年 4月 14日(火)  10:30-16:00
「キリストの教会とは何か。教会の不一致と牧会」(第一コリント1章~3章)
「福音とは何か」「召命とは何か」「キリストの教会の本質とは」を学び。教会に起こる「争い」「ねたみ」「分派」などの問題の土台にあることをみことばを通して洞察する。

*霊性と黙想  太田和功一クラス

第一回目 2015年 4月 17日(金)  10:30-16:00

牧会者とその配偶者のセルフケアの大切なクラスです。

*継続クラス

・人間学「トゥルニエを学ぶ」   堀 肇クラス        4月28日(火)

・若者の性の問題を考える    水谷 潔クラス      4月30日(木)

*牧師夫人専用クラス 年間6回

牧師夫人、伝道師夫人のクラスが5月8日(金)からはじまります。年間6回です。毎回、素敵な女性のゲストをお招きしています。

第一回  2015年5月8日(金)  11:00-15:00

テーマ 牧師夫人として、一人の女性として生きる

ゲスト=坂野聰子さん

それぞれ、置かれている場所は異なっても、似たような重荷と、悩みを抱えた者達が、ひと時、ひとつ所に集まって、「ありのまま」の自分に戻り、「ありのままに」話をする場を設けられたらと願っています。

e0178251_19582837.jpg

[PR]
# by naoki4940 | 2015-04-12 19:59 | 牧会塾の今日